So-net無料ブログ作成

合同パーティー。

R0012979.jpg

先週の文化講座発表会にて発表した学生の作品の展示を見に、東邦大学の大森祭に行ってきました。
学生たちが楽しんでいるのが何よりです。

その後、有楽町の交通会館で開催中のYoung Artists Japan vol.2の会場へ。
前回、春の時よりもぐっとお客さんが多かった気がします。やっぱりアートフェアはにぎやかな方がいいですよね。

夜は、青参道やULTRAなどのアートフェアと合同のオープニングパーティーへ。こういうパーティーにしては珍しく会費制で、それも割といいお値段だったにもかかわらずかなり大勢の人がいらしてました。やっぱりみんな考えることは同じのようで、、、出てきたケータリングの食べ物が瞬時に消えるという現象があちこちで起きてまして、、、そりゃそうだよなぁ、と思った次第です。。。
僕も負けずに参戦してみたんですが、まるで目の前でマジックを見ているようでした。。。
作品をたくさん見すぎたせいか、変なことばっかり記憶に残ってたりして。。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Young Artists Japan vol.2 [イベント / Events]

R0012970.jpg

Young Artists Japan vol.2の搬入に、東京交通会館へ行ってきました。
今回のブースには新作の版画「都市拾遺物語」3点と、ペインティング「東京八景 其の壱」「Period(Winter)」「Detour」「Running in Cycle」の4点が並びました。
「東京八景 其の壱」はart_icleにも掲載されていたようで、ありがたい限りです。
(掲載誌、、、見逃してしまいましたが。。。)


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

そらのてまえ。

R0012959.jpg

羽田空港へ打ち合わせにいってきました。
セキュリティーチェックを受けると飛行機に乗る訳でもないのに、、、どこかに旅に出る前の気分ですね。
ワクワクします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

全エディション完成。 [版画 / Prints]

R0012939.jpg

EDTION WORKSさんにて、まだサインの済んでなかったシートへのサインと、未彩色だったセットの扉絵に彩色をしてきました。
これですでに完成していたものとあわせて、全てのエディションとセットが完成しました。
セット(版画集)は、エディションナンバーに合わせてケースの色も扉絵の彩色の色もそれぞれ違うという豪華版。エディション作品でありながら1点もの。なのに1枚ずつシートを買うよりも4,800円お得。
展示では額装されたシート(版画)をお見せする機会が多くなりそうですが、版画集もケースから出した時のドキドキする感じがたまりません。大事な人へのプレゼントにも良いかもしれませんね。


続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

よっ。

R0012933.jpg

今年はカルチャーセンターの生徒さんたちの展覧会が見事なまでに重なってしまって、松戸の「創美会」、藤沢の「みず和会」が今日から。そして、横浜の「彩和会」、同じく横浜の「さわらび会」が今日まで。
搬入して、搬出、搬出。。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ワークショップ記事。 [レビュー / Review]

R0012927.jpg

10月10日に行ったワークショップの模様がタグボートさんにて記事になりました。
なんと、タグボートの社長さん自ら参加した上で写真と記事をまとめてくださったのでした。
ありがたいことです。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

丸カフェ・最終日。

R0012926.jpg

個展「都市拾遺物語」も最終日。何だかあっという間でした。。。
今回はフリースペースと言う立地上、いろいろな方に見ていただけたようで、ありがたいことに今まで僕の作品を見たことのない方にもかなり多く見ていただけたようです。
一方で会員制倶楽部のほうは見逃された方も多かったようで、、、失礼いたしました。。。

そうそう、倶楽部では会場風景の撮影を行った日にランチをごちそうになったのでした。何とシェフが前日から仕込んでくださったメニュー、サワラの塩焼き。僕の名前・佐原(さはら)にかけてのまさかの駄洒落チョイス。お心遣いありがとうございます。。。
秋の味覚・栗ごはんや、渡り蟹のカレーとあわせた贅沢ランチでした。
パティシエでもあるシェフに、搬出作業中にシューモンブランの差し入れまでいただいちゃいました。
スタッフの方々もとても良い方ばかりで、授業と授業の少しの合間にちょっと立ち寄ってみるといつも気さくに話してくださるので、ついつい長居しちゃったり。

丸の内というとオフィスばかりと言うイメージかもしれませんが、そこに働く人たちや集まってくる人たちはとてもあたたかでした。
無機的な建物が主役なのではなく、人がいるからこそ都市があるんだと実感した会期でした。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

オープンレクチャー。

R0012924.jpg

青山で「生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)」の著者で分子生物学者の福岡伸一さんと、前文化庁長官で文化人類学者の青木保さんのオープンレクチャーに参加してきました。

生物と無生物のあいだ」を読んで以来、福岡さんのものの見方や考え方に共感をおぼえていたので、直接お話を聞けたのはやっぱり良かったです。
もちろん福岡さんは分子生物学者なので、分子生物学から見たお話なんだけど、それは僕が普段アートに関わりながら感じていた違和感を解き明かしてくれる鍵のようで、非常に興味深かったです。

青木さんのお話から日本の文化行政の現状を垣間見て、、、残念な驚きと共にこれから僕らはどうすべきなのかを真剣に考えさせられました。
文化の価値を実感できないから予算が少ないのか、予算が少ないから文化の価値を実感できないのか、、、僕には予算のことはいかんともしがたいのですが、大げさなことでなくとも文化の価値を実感してもらえるような、そんな生き方をしてゆきたいと思います。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

文化講座発表会。

R0012923.jpg

東邦大学・文化講座発表会でした。
今年は元気のいい学生が集まって、なかなかにぎやかな発表になりました。テレビのリポーター風にそれぞれの作品を紹介しつつ客席も参加させて雰囲気を盛り上げたり。作品の説明ではしっかり自分の考えを持って語れる学生がいたり。
普段の授業中でも他愛もない会話からもそれぞれの持つ個性が垣間見えて、僕としてはかなり面白い学期でした。

それにしても、学生たちとのやり取りは常に生ものですね。
最後にコメントをするのですが、学生たちの勢いそのままにハジけたコメント、、、と言うわけにはいかず、、、若干戸惑い気味での総括(のようなもの)となりました。。。
しっかり者の学生たちに支えられております。。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

都市拾遺物語・会場風景。 [展示 / Exhibitions]

個展「都市拾遺物語」の会場風景の撮影を行いました。
まずは会員制倶楽部の倶楽部21号館から。


R0012858.jpg
玄関には新作「蜜食」。丸の内エリアのアートイベント・THINK ARTのポスターにも使われた作品です。


R0012852.jpg
入ってすぐのカウンターにはこちらも新作の「夜ののりもの」。レジ前なのでお会計の際には必ず目に入ります。


R0012800.jpg
奥のフロアーに入ると突き当たりに大きな鏡があり、その鏡の向かって右手にロンドンのRockwellで発表した作品「Visitors」。幅6m以上もあるのでなかなか展示場所もなく、ひさしぶりのお目見えです。


R0012806.jpg
鏡の左手の壁面には新作3点。右の縦長の作品は「スターマイン」。真ん中の円形は「満開講」。左の円形は「ラッシュアワー」。円形の木枠を探したのですが、今ではもう職人さんが引退してしまってメーカーでも作っていないのだとか。それなら自分で作るしかないな、、、と思って作ってみたら案外楽しかったのでした。


R0012840.jpg
さらに奥の元々金庫だったと言う部屋。分厚い壁の前には2年前にN.Y.で出品したAround Myself」。貴重な壁には傷をつけられないので、天井から吊った形で展示をしてあります。


R0012877.jpg
もうひとつのスペース、丸の内カフェ。階段踊り場にはグループ展で発表したPhantom Train」。こちらも大きな作品なので約三年半ぶりのお目見えです。


R0012894.jpg
2階に上がると小品と版画が並んでいます。どれも新作で左から「勝ち誇った支配者」、各媒体にて紹介されている「花雨(はなあめ)」。黒の額縁に入ったものが新作の版画作品で、左から「消したいけどついてくる」「こっそり旅行」「しあわせな通勤」の3点。今回、この版画作品の人気がとても高く、たくさんの方にご好評をいただいています。これら3点は版画集「都市拾遺物語」としてもEDITION WORKSさんから出版されています。
そして一番右には円形の作品で「花どろぼう」。今回の展示DMにも使われていました。


R0012897.jpg
そして一番奥には今回の新作の中でも一番の大作「夢の続き」。今回一番気合いを入れて制作した作品なので、これが評価されるのがやはり一番嬉しいですね。



続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
メッセージを送る