So-net無料ブログ作成
検索選択
展示 / Exhibitions ブログトップ
前の10件 | -

カレンダー展。 [展示 / Exhibitions]

2017-01-17-14.09.jpg

2017年TOYOTAカレンダーが、第68回全国カレンダー展に展示されているということで、光村印刷のディレクターさんにご案内いただき、拝見してきました。
選りすぐりの約400点ものカレンダーが1度に見られるとあって、見ごたえ十分。
各印刷会社さんやデザイナーさんたちが、新しい技術や独創的なアイデアで作ったカレンダーは面白いものがたくさん。
見てたらこんなことやあんなこともできるんだと、勉強になることばかり。
ディレクターさんにお話をうかがいながら、時間のたつのも忘れてじっくりと見入ってしまいました。

今回は今回で、とにかく後悔しないように今出せるものを出そう、と思って描かせてもらったのですが、こうして飾っていただくと欲が出て、またこのような場に出品していただけるような絵が描きたい、とあらためて思ったのでした。
勉強、勉強。
どんどん描こう。

アートフェア富山2015・港町の芸術祭。 [展示 / Exhibitions]

R1018701.jpg

富山の旧家を使った芸術祭に参加させていただきました。
僕の個展形式で展示させていただいた馬場家は、この地域にあった5つの豪商の筆頭格で、築約140年の邸宅。


R1018695.jpg

入ってすぐの部屋には、10の香りを描いたモーションペインティングの映像を。


R1018687.jpg

次の部屋には香りを描いたモーションペインティングの掛軸3幅を。


R1018684.jpg

それぞれ向かって左から「観香 - しずく」、「観香 - 心は旅に」、「観香 - 渡し」を展示しました。


R1018680.jpg

奥の部屋には、同じく香りを描いたモーションペインティングの掛軸、「観香 - 街笑う」を。

僕は夜には横浜での授業に戻らなくてはならなかったので、10時のオープンからお昼過ぎくらいまでのわずかな時間しか滞在できなかったのですが、それでも人の波が絶えることなく賑やかな会場となりました。
テレビ、新聞などの取材や、海外からのお客様、それに北海道から車でいらした方など、本当にたくさんの方がおみえになり、少しずつですがお話をさせていただきました。
中でもやはり地元の方々はこのイベントを楽しみにされていた方が多かったようで、僕がいたわずかな時間でも、「展示を見て面白かったから友だち連れてまた来ちゃった〜」という方が数組。
2度見てもらえる、というのは作家にとって一番うれしい評価。
それを短時間で何回も味わうことが出来るなんて、もうこれはありがたい限り。
いい気分で帰りの北陸新幹線に乗り込んだのでした。

NEW CITY ART FAIR OSAKA 2013 [展示 / Exhibitions]

R1012507.jpg

NEW CITY ART FAIR OSAKAのオープニングにあわせて大阪へ行ってきました。


R1012508.jpg

新大阪着がお昼時だったので、まずその足で寺田町の千代へ。
スフレのよう、と評されるお好み焼き。


R1012516.jpg

腹ごしらえをしたところで、阪急うめだ本店9階の会場へ。
今回は、モーション・ペインティングのシリーズと、版画作品をhpgrp GALLERYより出品させていただきました。


R1012527.jpg

オープニングには多くの人にお越しいただき、大賑わい。
関西では初出品だったので、作品と名前だけでもおぼえていただこうと思っていたら、すでにご存知の方もいらしたりと嬉しい驚き。

オープニングのあとは出展者のみなさんとお食事会。
さらに、そのあとで妻の同僚でもあるMさんご夫妻とおいしい焼き鳥屋さんへ。
すっかり大阪を堪能させていただきました。

モーション・ペインティング。 [展示 / Exhibitions]

R1012378.jpg

個展で発表している作品群のひとつ、「モーション・ペインティング」。
絵画と映像の中間と位置づけて制作しています。
壁にかけられたモーション・ペインティング作品の動きを、テーブルの上にのせてあるモニタでご覧いただくことができます。
どうぞテーブルの上もお見逃しなく。
壁にかけられているモーション・ペインティングの作品には、タイトルの後ろに「 - Motion Painting」と付いています。

観香。 [展示 / Exhibitions]

R1012368.jpg

観香倶楽部のワークショップを通して制作した、香りを描いた作品10点。
僕の絵を見て受けた印象を、参加者にアロマのブレンドオイルにしてもらい、それを僕がかいでそのイメージを絵にしたもの。
予想もつかない色や形があらわれるのがとても面白い経験でした。
個展ではタイトルの頭に「観香 - 」と付いています。

オープニング。 [展示 / Exhibitions]

R1012346.jpg

個展オープニングを迎え、数多くの方にお越しいただきました。
オープニングでは、海外でもご活躍のアートディーラーで、僕の初めての映像作品のコレクターさんでもある塩原将志さんをお迎えしてギャラリートークを行いました。
今回日本では初めて発表するシリーズの、観香倶楽部のワークショップから生まれた香りを描いた作品と、「モーション・ペインティング」と名付けた映像と絵画の中間の作品、とそれぞれの作品群のお話などをさせていただきました。

写真は昨年スウェーデンで発表して、今回日本初公開となる作品。
この内にも2点、「モーション・ペインティング」の作品が含まれています。

プレビュー。 [展示 / Exhibitions]

R1012339.jpg

個展搬入日の夜には、観香倶楽部の方とプレビューを行いました。
今回の個展では、観香倶楽部のワークショップから生まれた、香りを描いた作品も15点出品しています。
看板になっているこの作品もそのひとつ。
「葡萄姫 / Princess Grape」

Move Six [展示 / Exhibitions]

R1011999.jpg

西武池袋本店6階、アトリエ・モヴィーダにて行われた、「Move Six」に行ってきました。
今回は、あまりお見せしてなかった作品の中から、小作品を16点展示させていただきました。
売り場の一角というあまりない場所での展示、いい経験になりました。
身構えずに気軽に楽しめる、こういう機会もいいなぁ。

Japansk grafik [展示 / Exhibitions]

R1010279.jpg

スウェーデンの朝はゆっくり。
8時くらいに明るくなる。


R1010292.jpg

のんびりした時間が流れてる。


R1010302.jpg

朝ご飯のビュッフェ。
地元の食材が多く使われていて、ニシンの酢漬けとか、木の実のコンフィチュールは特においしい。


R1010303.jpg

たまたま宿泊客が少なかったらしく、贅沢にこの空間を独り占め。
どこで食べようか迷う。。。


R1010308.jpg

ちょっとしたところもかわいらしい。
それに品がいいと思う。


R1010320.jpg

朝ご飯を食べたところで、昨日出迎えていただいたラッセさんと八幡さんにレクサンド市内を案内していただいた。
この木造家屋、釘を一本も使っていないのだとか。


R1010329.jpg

レクサンドは湖に面した街で、ここダーラナ地方は遥か昔にこの地に墜ちた隕石とその破片の跡が湖となって点在している地域。
夏は過ごしやすくスウェーデン中からバケーションに多くの人が訪れ、冬にはクロスカントリースキーなどが盛んだと言う。
そして僕が訪れたのはちょうど紅葉の季節。


R1010333.jpg

いろいろとご案内下さったLasseさんは市議会議長さん。
短い時間の中で、レクサンド市の魅力をたくさん教えてくださった。


R1010368.jpg

展覧会の会場では、今回のコーディネーターのLenaさんとまずごいっしょに。
気さくで話しやすい方。


R1010438.jpg

展覧会オープニングにはスウェーデン国内外から250人以上の方にお集まりいただきました。
大盛況の中、新聞社の取材なども受けさせていただきました。


R1010441.jpg

レクサンド在住の日本人音楽家Okino Fumikoさんとスウェーデンの音楽家の方の演奏のあとで、今回日本から訪れているのが僕だけだったので、少しご挨拶と作品についてのショートレクチャーをさせていただきました。


R1010442.jpg

今回の展示はレクサンドで行われているVagskalという展示の15周年を記念したもの。
「Vagskal」はスウェーデン語で「交差点」を表す言葉で、世界中のいろいろなアーティストが集まる場所、ということで名付けられているとか。
今年はレクサンド市と北海道の当別町が姉妹都市になって25周年ということもあり、日本を取り上げてくださっているようです。
展示は、北斎・広重・国芳・写楽・豊国・歌麿などの浮世絵から、現代の日本作家までという内容になっています。
レクサンド市の良質な浮世絵コレクションにはかなり驚かされました。。。
その浮世絵の名品と同じ空間に並ぶこと、かなり身の引き締まる思いです。。。


R1010471.jpg

今回の出品作。
宴のあと / After the Banquet
2012
和紙、アクリル彩色、円形パネル張り / Acrylic paints on Japanese paper, a circle wood panel
Ø700mm


R1010472.jpg

接吻 / Kiss - Motion Painting
2012
和紙、アクリル彩色、木製パネル張り、DVDに変換 / Acrylic paints on Japanese paper, a wood panel, convert to DVD
625×1000mm


R1010473.jpg

つかむ / Holding - Motion Painting
2012
和紙、アクリル彩色、木製パネル張り、DVDに変換 / Acrylic paints on Japanese paper, a wood panel, convert to DVD
915×685mm


R1010474.jpg

見知らぬ招待状 / Invitation from Stranger
2012
和紙、アクリル彩色、円形パネル張り / Acrylic paints on Japanese paper, a circle wood panel
Ø700mm


R1010475.jpg

二人目 / Second Person
2012
和紙、アクリル彩色、木製パネル張り / Acrylic paints on Japanese paper, a wood panel
625×1000mm


R1010476.jpg

空中散策 / Strolling to the Air
2012
和紙、アクリル彩色、木製パネル張り / Acrylic paints on Japanese paper, a wood panel
915×685mm


R1010493.jpg

オープニング終了後、VagskalのキュレーターでもあるJovica Marcetaさんと。
いつでも黙々と仕事をこなす、職人のような方でした。


R1010516.jpg

今回の僕の出展作6点。
入り口入ってすぐの場所で、この向かいに浮世絵の名品がずらりと並んでいます。

オープニングのあとは、関係者のみなさんでスープランチ。
レクサンド在住の日本の方も多くお越しになり、にぎやかな会合となりました。
その後、レナさんと八幡さんと教会へ。
スウェーデンには「フィーカ」と呼ばれる休憩が午前と午後にあるらしく、お茶とケーキをいただいて休憩。
レナさんと八幡さんにさらにレクサンド市内をご案内いただき、牧場ではアイスをいただいたり。
そして夜には、Leksands Kulturhus館長のMarieさんと、レクサンド在住の小野さんとディナーをごいっしょに。
何だか地元のおいしいものをいただいてばかりで、、、だいぶたくわえが付きそう。。。

版の表現。 [展示 / Exhibitions]

R1008127.jpg

エディションワークス 版画工房からの視点」には、僕も2点出品させていただいたのだけど、さまざまな版の表現がとても勉強になった。
もちろん活躍中のアーティストの作品が厳選されているのもあるのだろうけど、ダイナミックな表現から繊細な表現まで、幅広い作品が見られるのも嬉しい。
工房での制作中は、自分の作品に集中していたので、他の作品をこれほど見られる機会はなかったので。

また版の表現にチャレンジしてみたい。

前の10件 | - 展示 / Exhibitions ブログトップ
メッセージを送る